「2022チャレンジゴールボール東海大会 Supported by 日本郵便」(2023/2/12、岐阜県岐阜市)参加者募集

「チャレンジゴールボール大会 Supported by 日本郵便」は、初心者や健常者、個人でも参加できるゴールボールの基本動作の体験とミニゲームを楽しむ交流型大会です。2023年2月12日(日)に岐阜県岐阜市で開催する「2022 チャレンジゴールボール東海大会 Supported by 日本郵便」の参加者を募集しています。個人でのご参加、はじめてゴールボールに挑戦する方も歓迎です。あなたのご参加をお待ちしています。

大会規定ダウンロード

目的

①ゴールボール競技に取り組み始めた盲学校(視覚特別支援学校)や、各地域で活動する様々なチームに対し、試合の機会の場を提供する。
②競技運営に必要な、レフェリーやオフィシャルの養成と育成を図る。
③互いの交流や意見交換を図り、ゴールボールに関する知識を高める。
④ゴールボールの活動を地域で身近に取り組めるようその基礎作りを図る。

主催

一般社団法人日本ゴールボール協会

特別協賛

日本郵政株式会社

大会サプライヤー

山本光学株式会社(アイシェード)、株式会社蔵守(ウェブサイト)、株式会社PR TIMES(プレスリリース配信)

日程

2023(令和5)年2月12日(日)

会場

岐阜県福祉友愛アリーナ
〒502-0931 岐阜県岐阜市則武1816-1

当日スケジュール(予定)

10:00  開館
11:00  体験会
12:00  競技開始
13:00  昼食休憩
14:00  競技開始
16:00  競技終了、閉会
17:00  退館

参加選手資格

➀どなたでも出場できます。視覚障害の有無は問いません。ただし、高校生以上とします。
②現日本代表候補選手の試合出場はできません。
※ベンチスタッフとしての参加は可能です。

チーム編成と参加チーム数

①ベンチ入りは最大5名まで(男女混合)とします。
②各盲(視覚特別支援)学校単位のチーム(生徒と職員合同可)。
③各地で活動しているチーム。
④その他。
⑤最大参加チーム数を16とし、これを超えるとお断りすることがあります。

参加費

1,000円/名(チームとしてまとめてお支払いください。)
※振込手数料は参加チーム負担でお願いします。なお、大会が中止となった際の参加費は返金します。

競技役員

①レフェリーは、日本ゴールボール協会公認レフェリーと、参加者内でレフェリー業務に関心のある者が担当します。
②ゴールジャッジは、大会参加者が担当します。

保険

主催者はスポーツ傷害保険に加入します。
当日のケガについては応急処置のみとします。

申込み方法

参加費の振り込みとともに、別紙申し込みファイルに必要事項をご記入のうえ、
2023(令和5)年1月22日(日)必着で、「申し込み先・問い合わせ先」までメール添付にてお申し込みください。

大会申込書_個人用ダウンロード

大会申込書_チーム用ダウンロード

参加費振込口座

<ゆうちょ銀行の口座からお振込の場合>
金融機関:ゆうちょ銀行(日本郵政グループ)
記  号:14400
番号:43297291
名義:一般社団法人日本ゴールボール協会

<ゆうちょ銀行以外の銀行口座からお振込みの場合>
金融機関:ゆうちょ銀行(日本郵政グループ)
店  名:四四八
番号:4329729
名義:一般社団法人日本ゴールボール協会

備考

➀選手のアイシェードやサポーターは各チームで用意してください。なお、貸し出しが必要な場合は、参加申し込みファイルを送信するメールの本文に、その旨をご記入ください。
➁可能であれば、選手は揃いのユニフォームまたはビブスを着用し、ナンバーは1~9番までとします。
➂昼食は各チームで準備してください。
➃会場入り口には消毒用アルコールを準備しますのでご利用ください。
➄大会当日は、体調の異変や熱のある方の出場は見合わせてください。また、試合観戦の際などは密を避け、マスクは必ず着用してください。
➅体調確認表を記載のうえ、受付の際に必ず提出してください。
➆新型コロナウイルスの感染拡大状況や天災等、その他の事由により大会を中止とする場合があります。大会実施の可否は大会10日前を目途に参加チームに直接連絡します。

体調確認表ダウンロード

◆この事業は「日本財団パラスポーツサポートセンター」の助成を受けて実施いたします。

申し込み先・問い合わせ先

一般社団法人日本ゴールボール協会 技術部 担当:西村
e-mail:eng_japangoalball@jgba.or.jp